チーズは腸の働きを悪くする?

数ヶ月ぶりに乳製品を食べた経験則から言えます

昔、ものすごい便秘をした事がありました。
その時の朝食内容は、バケットとチーズは、ほぼ欠かさず食べていた気がします。なぜなら、手軽な事と高タンパクだと思っていたからです。

でも、とある日に、トイレで30分以上の格闘。
中々出ない、いくら踏ん張っても…。

今じゃ笑い話ですが、本当に大変でした。笑

その原因は、今になりハッキリしています。
チーズを再び食べるようになったら、急に便通が悪くなった事です。

青汁を始めた当初は、普通に乳製品を摂っていましたし、このサイトの記事にも普通に牛乳について書いてあります。

でも、ファスティングなどを知るうちに、牛乳がちょっと怖いなと思うようになりはじめ控えるようになってきました。その影響でヨーグルトやチーズも控え、ついでに、卵も2ヶ月位食べない時期がありました。

タンパク源は、鶏肉と植物性。
納豆や豆腐などの大豆中心です。
乳酸菌は、キムチの元などを活用。

この生活を徹底していた頃は、毎日欠かさずすんなりと便通。
もちろん、青汁も続けていたのでより出やすかったです。

が、しかし!

そろそろチーズを再開してみようと思い、日本製のプロセスチーズは抵抗があるから、スーパーに有ったフランス産のナチュラルチーズを食べてみる事に…。

「おや、塩味が無いのにおいしい!」
そう思って、夕食前にちょくちょく食べるようになってきたら、まず、異変を感じたのがオナラです。

ちょっと臭さが気になりました。
くさいという事は、悪い菌が増えているという事…。

そして、普段より便意が遅くなってきたのを実感。
その上、出も悪い感じです。

「そうか、これが原因だったか…」
と、この時、納得したのですが、どうやら、チーズ全般がダメのようです。
少なくとも私の体には、良いものではない。

もしかすると、夕食前というタイミングも関係しているかもしれませんが、チーズがボンドのような役割をして、便を硬くしているのだろいうという気がしてなりません。

牛乳のカゼインは、まさにボンドと言われていますから。
その例えは別にして、チーズを食べなかった数ヶ月が毎日快腸だったのは、私の中ではっきり実感している事実です。

そして、チーズを食べ始めた途端に便秘気味。

チーズのメリットは、カルシウムや高タンパク以外にも牛乳をそのまま飲むと害となるものが発酵する事で減るという部分。でも、結局、便通には悪影響となると、乳製品は微妙だなぁというのが結論です。

という事でタンパク源として、チーズを食べるのは、控えようと思います。結局、乳製品は、私にとっては、栄養源ではなく害が目立ちます。
海外製の青汁は、好んでますが、西洋初の栄養学には、だまされてきました。

いずれにしても、チーズは値段が高いので、こういう理由で控えられそうで家系的には助かりますね。代わりに青汁のレパートリーを増やすかもしれませんが。