レモンパウダーで吹き出物?

ヤメてからは出なくなりました

お断りとして、個人的な見解という点をご理解いただけたらと思いますが、以前まで使用していた某メーカーの業務用レモンパウダーをお湯で溶かして飲むようになってから、なんだか吹き出物が増えてきたなという感じがありました。

そこで、飲むのを中断し、かれこれ3ヶ月位経過しますが、それ以来、吹き出物無し。

飲んでいた時も白くなるという程ではなく、やや赤みが見られるなぁという感じでそこまでひどく出現しているものは無かったものの、「前まで、こんな出なかったよなぁ…」という感じです。

特に鼻の下周辺に複数出来るという特徴的なもの。

この鼻下周辺に吹き出物が出来る原因として、大腸や肝臓の不調なども関係している事もあるそうですが、これに該当すると、内臓系の不調により皮脂と老廃物の排出が関与しているのだとか。

肌の健康の為に始めたつもりだったのに…。
元々は、ビタミンC不足を感じていてどうにか摂取する方法が無いかと思いたどり着いた方法でした。

ビタミンCを摂取するなら、一般的には、サプリメントにたどり着くと思いますが、アスコルビン酸という合成素材のものが大半なので、合わない人だと胃腸の調子が悪くなるというレビューをよく見かけます。

そこで、できる限り天然な素材として選んだのがドライフードのレモンパウダー。しかも、ホールフードという事で良さそうな気がしていました。

これをお湯に溶かして、アメージンググラスのウィートグラスなどど一緒に飲むわけですが、程よく酸味があり中々美味しいです。
ただ、皮まで一緒に粉末化している為、皮の持つえぐみは正直あります。

やっぱり、皮の部分は、油分が強いのだと思います。
これは、”レモンの皮+ローソクの火”で検索するとわかると思います。

もしも、皮を取り除いた後のフリーズドライのレモンパウダーなら続けられていたかもしれませんが、最近、ホールフーズとして、食材を丸ごと食べるのが健康法となってきていますが、それも、適材適所があるのかなと思わずにはいられません。

これも、原因と思われる一つに過ぎませんが、ビタミンCを得るという本来の目的よりも、気がかりなマイナス面の方が出る形となったので、仕方なしという感じではあります。